夏旅2019 悠久の歴史を巡るカンボジアの旅 その3 アンコールワットの大伽藍

いよいよアンコールワット 内部へ入ります。
a0110384_23381756.jpg
早朝は曇りがちでしたが、
ご覧の通り晴れました。さすがに暑い!



a0110384_23381846.jpg
第一回廊にはアンコールワットの見所の一つである
レリーフが随所に見られ、神話を描いています。

とにかく全ての柱、壁に細工が施されています。
なにせ、アンコールワットを建てるのに
3万人で、30年かかってますから!


奥に進みます。十字回廊へ


a0110384_23381833.jpg
やや赤くなっている所がありますが
それが本来の色で
漆が使われていたとの事。




a0110384_23433776.jpg
十字回廊にはお坊さんがいて
お祈りをしてくれます。要お布施。

元はヒンドゥー教の遺跡なのに
現在は仏教寺院として使われてる所が
いいですね。




a0110384_23381821.jpg
十字回廊は田の字になっており
中は4つの沐浴場があったとの事。
当時はここで体を清めて中心の第三回廊へ行っていたと思われます。



a0110384_23381800.jpg
第三回廊です。
とんがりが目の前に迫っています。



a0110384_23440356.jpg
12歳未満の子供は
第三回廊の中には入れないので、
ガイドさんに指定された場所で休憩です。
暑い中歩きっぱなしだったので
ちょうど良かったです。





a0110384_23381980.jpg
急階段を登り、いよいよ第三回廊内部へ。
今でも王様の儀式などで使っているらしく、
神聖な場所です。




a0110384_23451135.jpg
階段を上った景色。
下で待っているそらうみも
ちょうどこちらを見ています。



a0110384_23451103.jpg
アンコールワットの中央祠堂。



a0110384_23451214.jpg
内部にも色々祀られています。
もはや数が多すぎて、逆にカオス状態の
ような気がしなくもない。


a0110384_23451273.jpg
この場所がシェムリアップで一番高い所。
建物に高さ制限がされているようです。





a0110384_23451268.jpg
第三回廊を降りて第一回廊に戻ります。
圧巻のレリーフ「乳海撹拌」




a0110384_23451230.jpg
この辺りの話を予習して行くと
一層楽しめます。





a0110384_23451218.jpg
東参道側から出ます。
こちらはあまり整備されていません。

これにてアンコールワットは終了です。
あまりにも広く、1日では廻りきれませんね。


昼食をとり、アンコールトムへ向かいます。


その4へ続く。



Commented by ここあ at 2019-09-15 14:34 x
遺跡素敵ですね!
西洋建築とはまた違った魅力がありますね。
行ってみたくなりました♪
Commented by boriboriwo2000 at 2019-09-16 17:58
ここあさま
アンコールワット、見事でした。
とにかく、規模が大きいし、レリーフも見飽きることがありません。
ただ、ここだけではなく至る所に遺跡があります。
行ってみて判る事も多くあり、今回はそれがいい方向に転んでくれました。
by boriboriwo2000 | 2019-09-11 23:11 | そらとうみ | Comments(2)

09年1月生まれ「そら」と13年4月生まれ「うみ」の成長日記


by boriboriwo2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30